大手企業内定の就活必勝メソッド

どこにでもいるごく普通の大学生の大手企業内定のための就活必勝メソッド

就活で人生の99%が決まるけど、いつから本気出すの?

f:id:ma_coolist:20171015153220j:plain

就活なんかで人生は決まらない1社目が全てではない

よくこんな言葉を聞きます。

しかし、この言葉を口にしている人は誰なのかを良く考えてください。

死に物狂いで前職で結果を出し転職が上手くいった人、企業に勤めずフリーランスで結果を出す高みの見物人、就活で志望企業に内定をもらえず負け惜しみを言っている人、いずれかの人ではないでしょうか?

この「1社目が全てではない」という言葉は圧倒的成功者か、負け組の言葉なのです。

あなたは圧倒的成功者になれますか?

あなたは負け組に入ってこの言葉を言い続けて社会人生活を終えたいですか?

我々のようなサラリーマンを目指す凡人にとっては、1社目が全てなのです。

ファーストキャリアでどんな会社に入社できるかが全てです。

そこで、今回は人生の99%は就活で決まる理由についてご紹介していきます。

 

 

1. ベンチャー企業→大手企業の転職はほぼ不可能

 

これも良く言われることですが、大手企業→ベンチャー企業への転職は容易であっても、ベンチャー企業→大手企業への転職は難易度が極めて高いです。

その最大の理由は、大手企業は人が辞めないからです。

求人とは、人が足りないから出すものであり、ベンチャー企業や中小企業はいつも人手不足の企業が多いですが、大手企業は基本的に人が辞めないため、人手不足になることはありません。

そのため、大手企業→ベンチャー企業の転職は容易ですが、ベンチャー企業→大手企業の転職は難易度が極めて高いということになります。

稀にベンチャー企業→大手企業への転職に成功している人もいますが、これは極めて特殊なケースです。

1000人いれば、せいぜい1人いれば良い程度の事例と捉えてください。

しかし、ベンチャー企業に行く就活生の中には、

ベンチャー企業で活躍して、大手企業にヘッドハンティングされてやる!

と面白いことを言っている人が結構います。

あなたは1000人からたった1人に選ばれる人材ですか?

もし、そうだとしたら、新卒の就活の時点で、大手企業から選ばれている人材ではないですか?

ベンチャー企業から大手企業に転職できる人材は、

新卒の時に大手企業からオファーがありながら、そのオファーを蹴ってベンチャー企業に入社した人や、

元々は将来企業しようと考え「志」と「能力」が極めて高かったが、大手企業ではなくベンチャー企業へ入社したという極めて優秀な人材がほとんどです。

新卒時点で大手企業にかすりもしなかった人が、新卒以上に難易度の高い大手企業への転職など夢のまた夢です。

そのため、新卒入社する会社が大手企業であれば、

  1. そのまま会社に残る
  2. 他の大手企業へ転職する
  3. ベンチャー企業に転職する
  4. ベンチャー企業の幹部として転職する
  5. 独立して起業する

という幅広い選択が取れる一方で、

新卒でベンチャー企業へ入社した人が取れる現実的な選択は、

  1. 他のベンチャー企業へ転職する
  2. 独立して起業する

の2つです。

人生何が正解かはわかりませんが、確実に選択肢の幅は広い方が良いです。

 

 

2. 既婚者の出会いは社内恋愛が5割

 

これは特に女性に見てもらいたい内容です。

既婚者の出会いに関するアンケートで既婚者の5割は社内恋愛から結婚に発展しているようです。

つまり、既婚者の2人に1人は職場で出会い、そこから交際に発展し、結婚に至っているということです。

女性は結婚相手の男性の条件として「年収600万円以上」や「イケメン」などを挙げていると思いますが、その男性が世の中にどれくらいの割合で存在しているかご存知です?

年収600万円台は20代のうち僅か2.6%しかいません。

年収600万円台の20代のため、当然女性の数も含むため、年収600万円台の男性は2.6%以下になります。

さらに、ここに「イケメン」という条件が重なれば、更に数字は下がり、下手すれば1%台前半にまでなってしまいます。

1%台にまで数字が下がれば、あなたが毎週末に合コンを開催し、毎週10人の男性と出会っていても、10週間(2ヶ月と2週間)に1人としか出会えない計算になります。

そして、その男と付き合えるかどうか、まして結婚できるかどうかなんて保証されていません。

あまりに非効率で非現実的すぎませんか?

しかし、大手企業にはこのレベルの男性は5万といます。

大手企業の中でも難易度があり、

外資>>>マスコミ>広告>ディベロッパー>総合商社>インフラ>一流メーカー

となっていますが、一流メーカーでさえ、20代で800万をクリアし、30代半ばで1000万円に到達します。

また、競争倍率100倍以上を突破してきているため、見た目の悪い人がほとんどいません。

大手企業の男性サラリーマンは、女性の結婚相手に求める「年収600万円以上」「イケメン」は大抵の男がクリアしています。

私は、大手企業にはイケてるサラリーマンが多いということを言いたいのではなく、このような男たちと結婚したいと願うなら、あなた自身が大手企業に入社することが、何よりの「婚活」になるということです。

「年収600万円以上の男性」という世間ではたった2.6%しかいない貴重な人材も、大手企業に入社すれば、普通の人材です。

合コンを毎週末開催して、2ヶ月に1回出会えるかどうかの人材が、大手企業に入社すれば毎日顔を合わすことができるのです。

さらに、出会えるだけでなく、社内恋愛で結婚した夫婦は離婚率が低いという結果も出ています。

もちろん、人生の幸せは結婚だけではありません。

しかし、20代の75%の女性が結婚したいと願いながら、20代女性の未婚率が60%を超えている理由は、「良い人がいない」というのが最大の理由ではないでしょうか?

なぜ、「良い人」がいないのか?

その最大の理由は「良い人に出会えない」からです。

大手企業に勤める男性はほとんど社内の女性と結婚します。

そのため、恋愛市場に足を踏み入れる必要がないため、多くの女性は出会うことすら出来ないのです。

じゃあ、どうすれば、年収600万円以上の男性と結婚できるのか?

あなたが、大手企業に入社するというのが一番確実な方法です。

そして、大手企業(金融・生保業界を除く)の男女比は多くの企業では、男:女=7:3程度で圧倒的に女性社員が少ないです。

つまり、世間では希少価値の高い年収600万円以上の男性を大手企業勤務の女性は選ぶ側の立場に立てるということです。

就活以上にコスパの良い「婚活」はないのです。

仕事をバリバリ頑張る尊敬できる夫を持ち、産まれてくる子供が何不自由ない生活の出来る経済的に安定した家庭を築くことこそが、人生の幸せだと考えるのであれば、大手企業へ入社しましょう。

あなたの考える人生の幸せが手に入る可能性が一気に引き上がります。

 

 

まとめ

 

今回は人生の99%は就活で決まることを「転職」と「結婚」の視点からご紹介していきました。

「転職」や「結婚」という視点から就活を捉えると、やはりファーストキャリアは大手企業の方が確実に有利です。

「就活が人生の全てではない」とか、「1社目が全てではない」というのももちろん、言い分としてはわかりますが、「就活」「1社目」がその後の人生に大きなインパクトを与えるのは事実です。

この事実に納得や共感をした就活生は、今この瞬間から本気で就活に取組みましょう。

自己PRがまだ完成していない就活生は

志望動機が書けずに立ち止まっている就活生は

面接に自信のない就活生は

 

に一度目を通してみてください。

きっとあなたの就活に役立つ内容になっています。

最後にもう一度言いますが、人生の99%は就活で決まります!

まだ本気出してないの?

本気出しましょう!