大手内定の就活メソッド

どこにでもいるごく普通の大学生の大手企業内定のための就活必勝メソッド

大手内定の就活メソッド

【就活ダイエット】太りやすい就活中のおすすめダイエット法を徹底解説!


スポンサーリンク
-->

f:id:ma_coolist:20180313214042j:plain

 

就活からくる疲労やストレスで食生活に悪影響が出てしまい、就活開始段階よりも太ってしまったという就活生は少なくないと思います。

 

実際に、就活での見た目の印象はかなり重要です。

 

◎見た目に関する記事

➡︎就活は顔採用が存在する?信じたくないけど、信じないといけない話 - 大手内定の就活メソッド

➡︎就活中のニキビは致命的!ニキビの予防と治療方法を徹底解説! - 大手内定の就活メソッド

➡︎就活で青ひげに悩まされた大手内定者が実践した今すぐ出来る青ひげを隠す4つの方法 - 大手内定の就活メソッド

 

私のブログで度々紹介している「メラビアンの法則」では、人が初対面の相手の第一印象を決める際、非言語的要素が強いと言われています。

 

具体的に、言語情報が7%・話し方などの聴覚情報が38%・見た目などの視覚情報が55%と言われています。

 

つまり、「何を言うか」以上に「誰が言うか」の方が大切になってくるということです。

 

太っているよりもシュッとしている方が仕事が出来そうという印象を相手に与えるのは明らかです。

 

そのため、採用倍率の高い大手企業への内定を目指すのであれば、より一層見た目には気を付けなければいけないということになります。

 

私も就活や受験などのストレスがかかりやすい時期は太りやすいタイプでした。

 

実際、大学受験時は、受験開始前と受験後で5kg程度太ってしまいました。

 

しかし、就活で体型が与える影響が大きいことは理解していたので、就活時は意識的にダイエットをしていました。

 

そのため、就活時期は、何とか就活開始前と開始後で大きな体重の変化もなく就活時期を過ごすことが出来ました。

 

そこで、今回は、私の実体験を元に、見た目に大きな影響を与える「体型」と、具体的な体型維持/ダイエット方法についてご紹介していきたいと思います。

 

それではまず、就活中に太りやすい原因をお伝えします。

 

就活中に太りやすい原因を理解しておくことで予め対策を打つことが可能になるはずです。

 

それでは、就活中に太りやすい原因をお伝えしていきます。

 

 

 

就活中に太りやすい3つの原因

 

就活中に太りやすい主な原因は3つあります。

 

この3つに対して予め対策をしておけば太る心配もありません。

 

そのため、まずは、就活で太りやすい原因を知り、その上で体型を維持するためにはどんな対策が必要かを考えていきましょう。

 

それでは、早速1つ目からご紹介していきます。

 

1. ストレス

 

f:id:ma_coolist:20180312102911j:plain

 

就活中は、一日に何社も選考を受けたりESの締切といたちごっこになり常に締切に追われていたりなど、常にやるべきことがたくさんある状態だと思います。

 

就活開始当初は、「よし!やるぞ!」と意気込んでいるものの、お祈りメールなかなか進まないES作成に嫌気が差し、どんどんストレスが溜まってくると思います。

 

ストレスが溜まってくると、食欲がなくなるという人もいれば、食べてストレスを解消するという人もいると思います。

 

後者の食べてストレスを解消するというタイプの人は、太る可能性が高いので適度に運動することを心がけてください。

 

逆に前者の食欲がなくなるというタイプの人は、痩せすぎてもスーツがダボダブになり、野暮ったい印象を与えてしまうため体重維持のためにご飯を食べるようにしましょう。

 

 

2. 運動不足

 

f:id:ma_coolist:20180312143944j:plain

 

就活時期は、サークルや部活を引退し運動不足に陥っている就活生が多いと思います。

 

サークルや部活に所属していると定期的に運動する機会がありますが、引退してしまうとなかなか運動する機会はありませんよね。

 

運動量が減り、その分の食事量も減れば問題ないですが、正直食事量はあまり変わらないという人が多いと思います。

 

つまり、消費カロリーは減る一方で、摂取カロリーが変わらないということは体重は増加していくということです。

 

この傾向は体育会に所属し、本気でスポーツを頑張っていた人に多い傾向にあります。

 

部活やサークルを辞めても体型維持が出来るように時間を見つけて運動するようにしましょう。 

 

 

3. 間食が増える

 

f:id:ma_coolist:20180313104337j:plain

 

間食が増える理由は2つあります。

 

1つ目が、選考と選考の間が開いてしまうあためです。

 

選考と選考の間が開くと、多くの就活生はスタバ等のカフェに入り小休憩や作業をすると思います。

 

その際に、アイス/ホットコーヒーのみで済ませれば良いものの、なぜか多くの就活生は、サイドメニューのドーナッツなども一緒に食べている人が多いです。

 

また、コーヒーではなく甘い系のドリンクにドーナッツという自殺行為をしている就活生も少なくありません。

 

お金はかかるしカロリーは莫大に増えるため、出来ればカフェに入った時は、アイス/ホットコーヒーを注文するようにしましょう。

 

2つ目が、家にいる時間が長くなるためです。

 

就活時期は、大学の授業もゼミだけorゼミと数コマでかつ、サークルや部活を引退している人がほとんどだと思います。

 

この状況になると、選考や説明会のない日は家で一日を過ごすことになります。

 

ESを書いたり、予定を調整したり、SPIの勉強したりなど様々することはあると思いますが、一日家にいて作業をしていると「飽き」ますよね。

 

飽きて散歩に行ったり、休憩がてらコーヒーを飲みながらスナック菓子や甘いものをついつい食べてしまったり。

 

ん?

 

コーヒーを飲みながらスナック菓子や甘いものをついつい食べてしまう?

 

はい。これ完全に太ります。

 

散歩に行くならまだしも、コーヒーを飲みながらスナック菓子や甘いものをついつい食べてしまうのは辞めるべきです。

 

ちなみに私は、お腹が空いたら「こんにゃくゼリー」を食べるようにしていました。

 

こんにゃくゼリーは本当にカロリーが低くて腹持ちが良いです。

 

f:id:ma_coolist:20180313112303j:plain

 

私は、上の飲むタイプのこんにゃくゼリーが好きなのですが、カロリーたったの39kcalです。

 

それでいて腹持ちも結構良いので、15時頃に飲んでおけば夕飯までは持ちます。

 

こんにゃくゼリーはお腹の調子も整えてくれる優れもののため、何か食べたいと思った時は、一度こんにゃくゼリーを食べてみることをおすすめします。

 

 

ここまで就活中に太りやすい3つの原因についてご紹介してきました。 

次に、太っている見た目が与える3つの印象についてご紹介していきます。

 


スポンサーリンク
  -->

 

太っている見た目が与える3つの印象

 

ここからは太っている見た目が与える3つの印象についてご紹介していきます。

 

1. 垢抜けない印象

 

f:id:ma_coolist:20180311212643j:plain

 

垢抜ける」という言葉はよく使われますが、実際に「垢抜ける」という言葉の正しい意味を理解している人は意外と少ないと思います。

 

ちなみに、「垢抜ける」の正しい意味は下記になります。

 

容姿・動作や技芸などが洗練されている。いきですっきりしている。

コトバンク

 

つまり、「垢抜けた容姿」とは、容姿が洗練されているということです。

 

逆に、「垢抜けない容姿」とは野暮ったい容姿ということになります。

 

実際に、下記の写真2枚を見比べてどちらが「垢抜けた印象」を受けますか?

 

就活ダイエット垢抜けていない写真

出典: まるごと芸能ニュース.com

 

就活ダイエット垢抜けている写真

出典: まるごと芸能ニュース.com

 

上の2つの写真で明らかに垢抜けている、つまり、洗練された見た目をしているのは後者ですよね。

 

上の写真は、同一人物で道重さゆみさんという元モー娘。のメンバーの1人です。

 

太っているか痩せているかでこれだけ印象が変わります。

 

顔のラインはもちろんですが、体型のシルエットも変わってきます。

 

 

 

垢抜けるために、肌を綺麗にしたり、髪の毛を綺麗にしたり、歯を白くしたりすることも大切ですが、「痩せる」というのは必須になってきます。

 

そのため、「垢抜けた(洗練された)印象」を作りたいのであれば、まず痩せることから始める必要があるということです。

 

 

2. 自己管理能力がないと思われる

 

f:id:ma_coolist:20180313113446j:plain

 

自制心の強い人は、「最近太ってきたから少し食べるのを抑えよう。」と自分を正しくコントールすることが出来ます。

 

一方で、自制心の弱い人は、自分の感情を優先させるがあまり自分の欲望のままに行動してしまいます。

 

食べたい」「飲みたい」「寝たい」という自分の感情のままに行動した結果、太ってしまっているのです。

 

もちろん、遺伝的に太りやすい人もいるでしょう。

 

しかし、私は「遺伝的に太りやすいんです。」と言えば、太っていても許されると思いますか?

 

実際に、ヘルスケア大学によると、肥満は「遺伝が3割、生活習慣や環境が7割」と言われています。

 

もちろん、家族全員が肥満であれば、食生活などが似てくるため、肥満になりやすいというのは事実ですが、自分自身がしっかりと自制心を持ち食事に気を使い適度に運動することで肥満になることを防ぐことが出来ます。

 

「遺伝だから仕方ない」と諦めるのではなく、食事に気を使い、適度に運動することで肥満から抜け出しましょう。

 

 

3. 不摂生な生活をしていると思われる

 

f:id:ma_coolist:20180312145456j:plain

 

太っていると「不摂生な生活をしている」と思われてしまいます。

 

ピザポテト唐揚げなどのジャンクフードを積極的に食べ、あまり野菜は食べないのかな?と思われています。

 

少なくとも私はそう思っています。

 

野菜中心の生活の中に、肉や魚など主食となるものを食べていればなかなか太ることは出来ません。

 

ちなみに、私は家でご飯を食べる際は、カット野菜(予めカットしてくれている袋詰めの野菜)をほぼ毎日食べ、外食の際は肉ではなく魚の定食を食べるようにしています。

 

不摂生な生活をしていると思われたくなければ、不摂生な生活を辞める以外の方法はありません。

 

そのため意識的に野菜を摂取する積極的に魚を食べるということを日常生活で実践してみてください。

 

 

ここまで、 「太っている見た目が与える3つの印象」についてご紹介してきました。

ここからは、実際のおすすめダイエット法についてご紹介していきます。

 

 

おすすめダイエット法

 

ここからは、おすすめのダイエット法についてご紹介していきます。

ここに書いていることを実践すれば、太っている見た目になることはおそらくないです。

それでは早速1つ目からご紹介していきます。

 

1. 体重計に毎日乗る

 

就活ダイエット画像1

 

毎日体重計に乗ることは本当に大切です。

 

 

 

ダイエット成功者の多くは毎日体重計に乗っている人が多いようです。

 

毎日の体重をグラフにして、正確に自分の体重の推移を把握している人が多いようです。

 

数字は嘘をつきません。

 

そのため、本気で体を絞りたいとか、今の体重を維持したいと考えているなら、毎日体重計に乗ることをおすすめします。

 

 

2. 筋トレ

 

f:id:ma_coolist:20180313152117j:plain

 

もう本当に筋トレは超おすすめです。

 

体は絞れるし、テストステロンという男性ホルモンの分泌を促すことが出来ます。

 

テストステロンの分泌によって、やる気精力の増加や、女性を惹きつけることができるようになるそうです。

 

つまり、筋トレは男にとって就活だけでなく人生を充実させるために必要なことと言っても過言ではありません。

 

男子就活生は本日から筋トレをすることをおすすめします。

 

筋トレというと、ジムに行ってベンチプレス等のトレーニング器具を使ってするトレーニグを連想するかもしれませんが、家で出来る腕立てや腹筋で十分だそうです。

 

実際、私は、腕立て×50、腹筋×50、背筋×50、体幹トレーニング60s×2、スクワット×50、ランニング×1.6kmを毎日行っています。

※飲み会等があると出来ない日がありますが、週5日はしていると言える自信があります。

 

筋トレは体を引き締めるだけでなく、テストステロンという男性ホルモンの分泌を促すため、就活どうこうではなくQOL(Quolity of Life)の向上のために実践していきましょう。

 

 

3. ランニング

 

f:id:ma_coolist:20180313153830j:plain

 

筋トレと若干被ってしまうのですが、あえて書かせてください。

 

筋トレとランニングは相性が抜群なんです。

 

筋トレ→ランニング(有酸素運動)を行うことで脂肪燃焼効果が高まると言われています。

 

筋トレを行うことで、「成長ホルモン」が分泌され、この成長ホルモンが体に溜まっている余計な脂肪を燃焼しやすくしてくれるため、ただランニングを行う以上にダイエット効果が期待出来るということです。

 

そのため、「筋トレ」と「ランニング」の効果を最大化させるために、筋トレを行ってからランニングを行うようにしましょう。

 

 

ここまで、ダイエット法についてご紹介してきました。

私は上記の方法で体型維持を行っています。

しかし、たまには気分転換に違ったトレーニングをしたくなることもあるため、いくつかトレーニング器具も買いました。

そこで、最後に私のおすすめトレーニング器具についてご紹介していきます。

 

 

おすすめトレーニング器具

 

最後におすすめトレーニング器具についてご紹介していきます。

 

1. 腹筋ローラー

 

 

腹筋ローラーは、ダイエット器具の定番中の定番です。

正直、持っている就活生も多いのではないでしょうか?

テレビを観ながら作業の合間の気分転換などの隙間時間を有効活用しながら腹筋を鍛えることが出来ます。

10×2セットで十分きついので、私は10×2セットで行っています。

実際に、腹筋ローラーの使い方をわかりやすく解説してくれている動画があるので、ぜひ見てみてください。

 

 

2. ダンベル

 

 

ダンベルは本当に有能です。

単品で腕を鍛えるのも良いですし、ダンベルを持ちながらランニングして更に消費カロリーを伸ばすのも良しですし、ダンベルを持ちながらスクワットするのも良いです。

つまり、ダンベルは単体でも腕を鍛えれますし、他のトレーニングの消費カロリーを伸ばすことにも使えます。

ちなみに、私はその日の調子にもよりますが、基本的に2kgのダンベルを持ってランニングしています。

また、ダンベルを使って全身を鍛えるトレーニング法もありますのでもし良ければ見てみてください。

 

 

3.ワンダーコアツイスト

 

 

関西の深夜番組で紹介されていて、気になって購入しました。

使い方は私がレクチャーするよりも下の動画を見てもらった方が早いと思います。

強度を調整することが出来て、体の調子が良い日は負荷を強めに体の調子がイマイチな時は負荷を弱めに調整したりも出来るので、その日の調子に合わせて最適なトレーニングが出来るのも良いですよ。

特に、腹筋では鍛えにくい腹斜筋を鍛えることが出来るので、お腹のシェイプアップを重点的に行いたいと考える就活生にはもってこいのトレーニング器具です。

 

 

まとめ

 

今回は就活でのダイエットについてご紹介してきました。

 

何度も言いますが、就活は見た目が重要です。

 

もっと言うと、日常生活においても見た目は重要です。

 

つまり、今、見た目に関してレベルを上げておくことは就活だけでなく、日常生活においても損にはならないということです。

 

また、筋トレは男性の魅力を引き出す「テストステロン」を出すために効果的なため、男子就活生は自身の男としての魅力を増大させるためにも、ぜひ筋トレを始めましょう。 

スポンサーリンク
-->