大手企業内定の就活必勝メソッド

どこにでもいるごく普通の大学生の大手企業内定のための就活必勝メソッド

【就活】まだ紙の手帳使ってるの?就活手帳はGoogleカレンダー一択!

f:id:ma_coolist:20171012221440j:plain

就活を進めていく上で、スケジュールの管理は必須です。その際に便利なものが就活手帳です。

そして、多くの就活生が紙の手帳を使うと思います。

なぜ、このテクノロジーが発達した現代で、不便な紙の手帳を使うのか、私は理解に苦しみます。

手帳に予定を書き込んでいる自分に酔っているのか、カバーが革の少し高めの手帳を周りの人に自慢したいのかは知りませんが、今すぐ紙の手帳は捨てましょう。

そして、今すぐにGoogleカレンダーを使いましょう。

私も最初は紙の手帳を使っていましたが、Googleカレンダーを使ってから、紙の手帳を使っていた自分を愚かだと思うようになりました。

それくらいGoogleカレンダーの性能は優れています。

Googleカレンダーを超える便利な手帳など、この世に存在しません。

一度Googleカレンダーを使うと、便利すぎて、紙の手帳を使う気が本当に起こらなくなります。

今回は、就活を進めていく上で、いかにGoogleカレンダーが優れているのかご紹介していきます。

 

グーグルカレンダーのメリット

 

1. 無料

 

まず、Googleのアカウントを持っている人であれば、Googleカレンダーの機能を無料で使うことができます。

Googleカレンダーは誰よりも就活生の味方です。

一方で、就活で使う紙の手帳は安くても1000円はしますし、カバーが革の少し良い手帳を買うとなると、平気で3000円はします。

スケジュールを確認するためだけのツールに1000円も3000円も使う必要がありますか?

まして、就活生はアルバイトする余裕もないため、金欠のはずです。

できるだけ無駄な出費は抑えながら、機能性は抜群のGoogleカレンダーはかなりコスパが高いです。

 

2. 荷物にならない

 

コンパクトなタイプの手帳もありますが、カバーが革タイプの手帳やメモ欄が大きい手帳はカバンの中でかなりかさばります。

就活カバンはビジネスバッグで薄いタイプのものが多いため、就活手帳だけでかなり幅をとってしまいます。

就活バッグには、手帳だけでなく、筆記用具やPCや飲み物など、様々な荷物を入れるため、あまり余裕がありません。

しかし、Googleカレンダーはただのスマホのアプリのため、一切かさばりませんし、荷物になりません。

 

3. 予定をカテゴリーで分けることができる

 

携帯のカレンダーを使わない人の言い訳として、「予定が確認しづらい」というものがあります。

私からすると、自筆の手帳の方が予定が確認しづらいです。

Googleカレンダーは予定ごとに色分けをすることができます。

例えば、就活は赤色サークルは青色アルバイトは緑色など、予定ごとに色分けし、わかりやすく表記することができます。

そのため、予定を一目見ただけで、何の予定が入っているのかがわかります。

たまに、手帳へのこだわりが強く、綺麗に予定ごとに色分けしたり、シールを貼ったりしている人がいますが、それが一瞬でできます。

Googleカレンダーは手書きの手帳に比べ、はるかに時短です。

 

 

4. タスクの一元管理

 

紙の手帳に面接や説明会の日程、ESやwebテストの締め切りがぐちゃぐちゃに書かれていて、あまりに見にくい手帳を使っている人が多いです。

しかし、Googleカレンダーはタスクと予定を分けて、表示してくれるため、一日の予定やタスクがかなり見やすくなっています。

また、Googleカレンダーはタスクをに期限を設定しておけば、カレンダーに表示されるため、ESやwebテストの締め切りを見落としてしまったなんてことは絶対になくなります。

また、目的ごとにタスクの色を変えることができるため、ESの締め切りは紫色webテストの締め切りは紺色など、色を分けてタスクを管理することができるため、さらにスケジュールが確認しやすくなります。

 

5. 1ヶ月・1週間・1日単位の表示を自由に切り替え可能

 

就活手帳を選ぶポイントとして、マンスリーページウィークリーページがあるという項目を見かけますが、Googleカレンダーはマンスリー・ウィークリーのみならず、デイリーページも表示されます。

さらに、手帳であれば、マンスリーとウィークリーページが離れているため、見つけるのに一苦労しましが、Googleカレンダーは瞬時に切り替えができるため、スマートに予定を確認することができます。

特に、私は朝にデイリーページを確認していました。

朝にデイリーページを見て面接と面接の空き時間は何時間あるかなどを確認し、空き時間で何ができるかをいつも頭の中でシュミレーションしていました。

 

6. グーグルマップと連携できる

 

説明会会場や面接会場までの道のりを手帳を広げて確認している人がいますが、Googleカレンダーは目的地を予定の中に書いておけば、目的地をタップするだけで、Googleマップが開きます。

いちいち、カバンの中から手帳を取り出し、会場を確認して、携帯の地図アプリに目的地を打ち込む手間が省けます。

就活中は荷物が多く、手がふさがっていることが多いため、この機能は結構便利ですよ。

 

 

グーグルカレンダーのデメリット

 

1. 電源切れが怖い

 

スマホのアプリを使用しているため、スマホ自体の電源が切れてしまうと、Googleカレンダーは使えなくなってしまいます。

しかし、ポータブル充電器を持ち運んでいれば、電源が切れるということは起こらないため大丈夫です。

就活中は、スマホの電源が切れると、何かと厄介なため、Googleカレンダーを使う使わない関係なく、ポータブル充電器は持参しておきましょう。

 

2. 電話での日程調整の時、イヤホンがないと危険

 

通常の人事面談では、電話での日程調整はほとんどないのですが、リクルーター面談の日程調整の際に、電話がかかってくることがよくあります。

◎リクルーター面談を詳しく知りたい就活生はCHECK!

 

 

その際に、Googleカレンダーを起動させるためには、イヤホンorスピーカーにしなければいけません。

当然、スピーカーにしてしまうと、周囲の人に電話の内容が聞こえてしまうため、イヤホンを付けて、電話に出るようにしましょう。

イヤホンを忘れた場合は、地獄です。

スピーカーで電話をし続けるか、電話の内容を何かにメモし、後でGoogleカレンダーに書き写すようにしましょう。

 

 

まとめ

 

今回は就活の手帳は、紙の手帳ではなく、Googleカレンダーが優れているということについてご紹介してきました。

 

Googleカレンダーを使うメリットは

  1. 無料
  2. 荷物にならない
  3. 予定をカテゴリーで分けることができる
  4. タスクの一元管理
  5. 1ヶ月・1週間・1日単位の表示を自由に切り替え可能
  6. グーグルマップと連携できる

 

Googleカレンダーを使うデメリットは

  1. 電源切れが怖い
  2. 電話での日程調整の時、イヤホンがないと危険

 

です。ここまで読み進めてくれた就活生なら分かると思いますが、明らかにGoogleカレンダーの方が紙の手帳よりも機能性に優れています。さらに無料で使えます。

Googleカレンダーを使う・使わないは個人の自由のため、とやかくは言いませんが、ここまで読み進めて頂けたのであれば、ある程度私の意見に賛同してくださっていると思いますので、ぜひGoogleカレンダーを使ってみてください。