大手企業内定の就活必勝メソッド

どこにでもいるごく普通の大学生の大手企業内定のための就活必勝メソッド

就活に有利なアルバイトは存在するのか?大手内定という視点から考えてみる

f:id:ma_coolist:20170928213536j:plain

「就活に有利なアルバイト5選」など、就活での自己PRで有利になるアルバイトが紹介されていることが多いですが、実際に大手内定に向けて、就活に有利なアルバイトが存在するのか。そして、存在するなら、それはどんなアルバイトかについてご紹介していきます。

 

 

有利なアルバイトなど存在しない 

 

今回は大手内定ということを前提にしています。そう考えると、アルバイト経験が就活で有利になるということは基本的にはありません。

多くの内定者が高学歴+有名体育会・長期留学・有名学生団体のいずれかに該当しています。

ちなみに私が就職する企業の内定者は7割が旧帝大+αのスペック持ちで、残りの3割の学生はMARCHαや関関同立+αの学生しか存在しません。

基本的に、学生時代に一番頑張ったことにサークルやアルバイト経験を選ぶ学生がいないのが現実です。

もちろん、内定者の多くがアルバイトをしていますが、面接では基本的にアルバイト以外のことを語っています。アルバイト経験について聞かれると、軽く答えるくらい程度にしかアルバイト経験を語っていないということです。

 

 

じゃあ、なぜそんな噂が広まるのか

 

基本的に誰に向けて情報を発信しているのかが一番大きいと思います。

私は大手企業内定を目指した就活生に向けての情報を発信しています。

しかし、多くの就活情報を発信しているメディアやサイトは就活生に向けた情報を発信しています。その就活生には当然、「大手企業内定を目指す人」もいれば、「就職できればどこでもいいという人」など様々な人がいます。

そのため、この就活に有利なアルバイトという情報は大手企業内定を目指した人向けの情報ではないということです。それ以外の中堅企業や中小企業を目指した人に向けた情報であるということになります。

しかし、就活の情報サイトは大手内企業内定を目指す人に向けた情報も、それ以外の中堅・中小企業内定を目指す人に向けた情報も全て同じサイト内で情報発信をしています。

これは色々な大人の事情があってそうなっているのですが、そこにいち早く気づかなければなりません。

そのためには、まず自分はどこを目指しているのかを明確にし、この情報は自分にとって有益なのか無益なのかの判断をする必要があるということです。

今回のように就活に有利なアルバイトというのは大手企業内定を目指した人にとってはほとんど無益な情報です。無益どころか、誤った情報を鵜呑みにし、間違った行動を取ってしまえば、マイナスにさえなってしまう非常に危ない情報なのです。

 

 

自分の判断軸・行動軸を持つ  

 

ここまで就活に有利なアルバイトは存在しないということから、情報を受け取る際の注意点などお伝えしてきました。

そして、今回一番お伝えしたいのが、自分の判断軸行動軸を持つということです。

そのために、一番大切なことは自分の目指す方向を決めるということです。自分はどこに向かうのかが決まっていないにも関わらず、判断軸・行動軸は持てません。

まずは自分がどんな企業に行きたいのかを明確にしましょう。

そうすると、これから様々なメディアやサイト、実際に出会う人から情報を得ると思いますが、その際に自分に適した情報なのか、そうでないのかの判断ができると思います。

今回の就活に有利なアルバイトの情報記事が、大手内定を目指した人には無益な情報であることが自分で判断できるようになるのです。この判断ができるかどうかはかなり大きいです。

なぜなら、無数にある情報の中から自分に必要な情報だけを抜き取って、効率よく情報受信ができるようになるからです。

手当たり次第情報を受け取る就活生と効率良く自分に有益な情報だけを受け取る就活生ではどちらが、努力の効率が良いかなんて比べるまでもありませんよね。

就活とは短期決戦です。いきなり始まり、いきなり終わるのが就活です。だからこそ、意味のない努力をしている時間など1分もないんです。

そのため、効率良く自分に有益な情報を受け取る情報整理力は就活を進める上で、かなり大切な力です。

もちろん、いきなり身につく力ではありませんが、訓練によって確実に身につく力です。普段の生活からこの記事は誰に向けた情報を発信しているのかを考える癖をつけていれば、必ず情報整理力は身についてきます。まずは、普段の生活から情報整理力を鍛えていきましょう。

 

 

まとめ

 

今回は就活に有利なアルバイトは存在するのかについてご紹介しました。結論から言うと、大手内定を目指すのであれば、有利なアルバイトは存在しません。

基本的に、大手内定者は高学歴のスペックを持っているため、むしろアルバイト経験だけを面接で語るのはマイナスになってしまうことの方が多いです。

そして、私が皆さんにお伝えしたかったもう一つのことは、情報整理力です。

その情報は誰に向けられらた情報なのか、また自分にとってその情報は有益なのかについてよく吟味してください。

この情報整理力は就活ではもちろんのこと、社会に出ても必ず役に立つ能力になります。

今のうちから、意識的にブログの記事などを見た時に、誰に向けられた情報なのかということを考える癖をつけていきましょう!