大手企業内定の就活必勝メソッド

どこにでもいるごく普通の大学生の大手企業内定のための就活必勝メソッド

【就活】質問意図を理解した趣味・特技の書き方と答え方

f:id:ma_coolist:20170921234314j:plain

就活のエントリーシート(ES)でよく聞かれるのが「趣味・特技」について。

そして、この質問は、回答を箇条書きで答える場合と文章を要求してくる場合があります。

そして、文章で回答する場合、約50~200文字で聞いてくることがほとんどです。

そのため、この「趣味・特技」についても自己PR同様、

50文字ver

100文字ver

150文字ver

200文字ver

4種類用意しておきましょう。

 

それでは、趣味・特技の質問意図や書き方・答え方についてご紹介していきます。

 

1.趣味

f:id:ma_coolist:20170921234909j:plain

自分が一番没頭していることや、出来るだけ極めていることを書きましょう。

没頭していることや極めていることを書くことをおすすめする理由は2つあります。

1つ目は、この趣味の質問は私生活でも目標を持っているかや、没頭できることがあるかを見ているからです。

仕事では目標を持っているが、私生活では目標もなく土日を寝て過ごしているサラリーマンにはなって欲しくないし、そんな人材を採用したくないという思いが企業側にあるのではないかと私は個人的に思っています。

大学生という果てしなく時間のあるうちに、アクティブになれる趣味のない人間に、自由な時間が限られた社会人になって、アクティブな趣味が見つかるとは思えません。この質問を通して企業側は、あなたが社会人になった時の私生活での姿を想像しているのではないかと思います。

2点目は単純に話が面白いからです。

面接官は人です。自分の知らない新鮮な話には耳を傾けます。そして、それが面接官の興味のある話ならなおさらです。自分が没頭していること・極めていることを楽しそうに魅力的に聞こえるように伝えましょう。面接官も楽しそうにどんどん質問をしてきてくれます。そして、会話が盛り上がり、後半の10分は趣味の話しかしなかったなんてこともあります。

実際に私は趣味にカラオケと書いており、採点ゲームで最高94点までいった話をしていました。たまたま、カラオケ好きの面接官にあたり、採点ゲームで高得点を取るコツや高得点の取れる歌などを伝えたら、非常に嬉しそうにしていました。当然、その面接は通過しました。

そして、最後に、知的に見えそうという理由で、「読書」「映画鑑賞」などを書くことはやめましょう。本当に好きで年間100冊読書したり、年間100本映画を見るならむしろ「読書」「映画鑑賞」と書いてください。しかし、違うのであれば、100%つまらない話をして終わります。それを避けるためにも、何か今からでも自分が没頭できること・極めれそうなことを見つけて、実行しましょう。

 

 

2.特技

f:id:ma_coolist:20170921235023j:plain

この特技については過去に受賞歴のあるものや最も長く続けたことについて書きましょう。「野球」「サッッカー」「書道」「バレー」何でも構いません。

 

文章で特技を書く際は、

 

  1. 受賞歴
  2. 継続期間

 

 は書くようにしてください。

特に受賞歴は必ず書いてください。なぜなら、特技とは、趣味とは違い「人と比べて優れていること」だからです。

受賞歴とは、人と比べて優れていたからこそ頂いた「」なのです。

受賞歴のあるスポーツや習い事は特技に相応しいです。自信を持って書きましょう。

 また、継続期間を書く理由は、「一つのことにコツコツ取組む力」をアピールしたいからです。大学で体育会に所属している人はそこまで継続期間は意識しなくていいのですが、高校まで部活や習い事を続けて、大学で辞めたという人は絶対に継続期間について書いてください。

高校までは真剣にスポーツや習い事をしていたと伝えられるいい材料になります。

もちろん、大学で辞めた理由も聞かれる可能性がありますので、辞めた理由は用意してください。

 

 

3.まとめ

 

今回は趣味・特技についてご紹介しました。

趣味・特技とはあなたの私生活での頑張り・今までの人生を語る上で大切なアピール材料になります。

この設問をいい加減に書くなんてことは絶対にしないでください。100文字などの文章で回答を要求されている場合は、少なくとも9割以上は埋めてください。

そして、趣味は今からでも作ることができます。特にしてもいない「読書」「映画鑑賞」と書くくらいなら、今この瞬間から何か1つ没頭できることを探して、取組んでください。きっと面接で盛り上がるネタになること間違いなしです。