大手企業内定の就活必勝メソッド

どこにでもいるごく普通の大学生の大手企業内定のための就活必勝メソッド

マー君の就活ブログ 自己紹介

f:id:ma_coolist:20171104073741j:plain

皆さん 初めまして。

 

マー君(ma_coolist)です。

まず簡単に自己紹介をさせてください。 

 

 自己紹介

 

出身:関西

年齢:22歳(大学4年生)

大学:関西圏の国公立大学(1留)

学部:経済学部

専攻:社会政策学(待機児童問題などについて)

所属団体:野球サークル

課外活動:1年間のITベンチャーでの長期インターン経験

 

現大学4年で18卒の某業界No.1企業の内定者です。

実際には大手企業5社から内定を頂き、最終的に上記の企業に行くことに決めました。

大した経験をしていない私が業界No.1企業に内定を取った就職活動の進め方について、これからブログという形で発信していきます。

そして、このブログでも少し就職活動の進め方について触れておきます。

 

就職活動の進め方

 

就職活動は一般的にはサマーインターンやウィンターインターンから始める学生が多いと思いますが、私は2月末まで長期インターンをしていたので、インターンには参加していません。

そのため、実際の

サマーインターン・ウィンターインターン→特別選考→内定

というルートではなく、

(説明会)→ES→テスト→面接複数回→内定

のルートで5つの企業から内定を勝ち取りました。

就職活動の中で私が特に意識したことは、

 

人と同じ行動をしない

 

ということです。

私のようなスペック(体育会など)なし、おまけに留年という傷が付いている人間が世の中の就活生と同じ思考で同じ行動をしていても、確実に大手企業には受からないということは理解していました。

そこで、とにかく周りの就活生とは差別化を図った行動を取るということを意識していました。

 

一つ具体例を挙げると、

 

とにかくESは数を出す

 

ということを意識していました。

なぜなら、多くの就活生は企業を絞って受けるというのが基本だからです。

そこで、私は彼らの逆を行くために、とにかくESの数を出しました。

実際にESを提出した企業は100を超えます。

世の中の就活生はせいぜい30社にエントリーするのがやっとの中、私は100社以上にエントリーしました。

そのためには自己PRの準備、業界研究・企業研究の効率化などなど多くの工夫しなければいけないことがあります。

こんな感じで私は就職活動をとにかく有利に進めるために、世の中の就活生と差別化を図った行動をいくつも取ってきました。

そして、その結果、5社大手企業から内定を頂くことができたんです。

その就職活動必勝メソッドをこのブログを通して、お伝えしていきたいと考えています。

就職活動は手探りで始まり、手探りで終わると言われていますが、僕は決してそうは思いません。

確かな情報を持って、進んでいけば何も怖くないんです。

そして、就職活動というのは情報が溢れかえっています。

何を確かな情報と捉えるかはあなた次第です。

そして、一人でも多くの人が、私の必勝就活メソッドを頼りに、就職活動を駆け抜けていって頂けると、非常に嬉しく思います。

まだまだ拙く、読みにくい文章ではございますが、これからどうぞよろしくお願い致します。